prasm prasmっていうブログだよ

紙の色を認識して振り分けが感動的!普通のポストイットでOKだからメモはいよいよEvernoteやな

どうせ写真を撮るなら放り込めばいいよ。

Evernoteが便利になるメモやノートはいろいろ出ているのですが、個人的に常用するツールではなかったので、割と静観でした。

が、

日常普通に使っている普通のポストイットがiPhoneのEvernoteアプリでかなり便利になるということで、これは飛びついておこうと試したら、快適でした。はい。

重要なのは、「普通のポストイット」で「特別なアプリ」がいらない部分。これはいいですね。

まずはアプリの準備

IMG_6929-1

設定画面の下の方に、ポストイット用の設定があります。

ポストイットの色事に、ノートやタグを自動振り分け!

IMG_6930-1

ここまで事前に済ませておけば大丈夫!

僕は色によってノートは振り分け、後で分類できるようにタグに「ポストイット」を付与するように設定しました。

スポンサーリンク

アプリで写真と撮るときは、カメラの設定が別だよ!

ポストイットとして色を認識させる場合、カメラの設定が別のようです。

IMG_6932

カメラ画面でフリックして、カメラの設定を「ポストイット」に

保管したノートは

こんな感じで、背景色がメモの色に

2013-09-30_1334_001

2013-09-30_1334

カメラでちゃんとポストイットの色が認識されている場合、メモの背景色がメモ本来の色になります。もちろん、これで自動的に振り分け!

認識に失敗すると、モノクロメモになります。

2013-09-30_1335

使うペンはやはり太い方が

気をつけるべきポイント

メモ本体の色の濃さに注意

よくある正方形のポストイットノートですが、同じ黄色、同じ緑でも種類によって色が微妙に違います。

今回のEvernoteアプリバージョンアップで対応されているのは

色の濃い奴

強粘着系、もしくはマルチカラー系の色の濃い奴です。

しばらく試して黄色の精度が低いなぁもう、と思っていたら、黄色は濃い黄色じゃないとダメだと思い至りました。

ポストイットで連想できる「薄い黄色の奴」は認識精度かなり低いので、濃い黄色を買いましょう(笑)

緑は薄い色のやつでも、わりと精度良く認識してくれました。緑は。まあ、緑はね。

関連商品もでるよ

2013-09-30_1320

2013-09-30_1320_001

無駄にお洒落な「ノート用ホルダー」もEvernote別注で作られるみたいなので、これはもう期待せざるをえません。

ほしい。

まとめ

ノートの色の濃さに注意は必要ですが、普段使いしているポストイットを快適にEvernoteに放り込めるのはかなり助かりますね。

いままでEvernoteとどうつきあうかハテナだったひとも、何気ないアイテムから好きになれるかも知れません。すくなくとも、僕はそうです。

はい。

Evernoteを使ってみる?

次回の記事は
「スマホ・パソコン周りで月額払っているサービスまとめ」
読みのがしなくッ!