prasm prasmっていうブログだよ

ダイエットにリアルガチならば試してみるべきプチ断食(ファスティング)について

細身の服とか、そろそろヤバいかなぁ…とか思いながらも、シルエットに引かれてついつい買ってしまっていました。

きついな、苦しいなと思いながら服を着るのは、精神的にも、肉体的にも、服的にもきついものがあったのだと思います。

ある日、服が破れました * prasm

そして、服が破れました。

むしゃくしゃしたので、プチ断食してみた

たばこやめたり、食生活を見直したりと、健康にやせようといろいろ画策しておりましたが、服が破れて目を覚ましました。

ちんたらやってる場合じゃない!

ちょっとストイックにやるかと、3日間固形物を食べない「プチ断食」を敢行。

ちなみに事前に言っておきますが、僕は「食べない系ダイエット」を薦めるわけではありませんし、完全デスクワークであることを前提としてやっておりますので、その辺を踏まえてよろしくどうぞ。

上記まとめのようにある意味ストイックにやることは出来ませんが、最初のダッシュは肝心だと思いますので、僕も固形物を食べない「プチ断食」を敢行!

スポンサーリンク

ルール

基本固形物は食べない。

そのかわり、野菜ジュースはどれだけ飲んでもかまわない。

「空腹」という感覚は「のどが渇いているコトの錯覚が多いそうなので、お腹すいたかなぁ?と思ったらとりあえず水分補給をします。

実施したのは水曜から~金曜まで。

初日

ああ、そういえば今日朝から何も食べてないんだっけ?みたいな日って誰でも体験していると思うのですが、それです。

別に苦しくも何ともないです。

二日目

昼に猛烈に空腹を感じます。

空腹って言うか、食べなくてもいいのか?って体がいつものクセで食事を要求してきます。

強い意志とか特に必要なく、野菜ジュースを胃に流し込み、ご飯は食べないんだよ、と言い聞かせました。

とりあえず、仕事や作業に没頭していれば、お腹がすいていることを忘れます。

あと、臭いに凄く敏感になります。普段におわなかったのに、ラーメン屋の隣とか通ると異様に匂います(笑)ハンバーガーとか、50メートルは離れているのに香ります。え?錯覚?(笑)

生きていく力というか、からだって素敵に不思議(笑)

最終日

二日目の昼というピークを過ぎてしまえば、後は常にお腹がすいている状態。

こうなってくると、重いも軽いもありません。お腹がすいています(笑)。あとは慣れですかね。

野菜ジュースの飲み比べとかして、楽しむ余裕すら出てくる始末。

果物が入っているタイプが旨いね。

このへんはもう普通にジュース。ストイックにダイエットするなら

野菜一日 これ一杯一択だね。伊藤園からも同様のが出てますけど、僕はカゴメ派。どろっと感が嫌じゃないレベルに押さえられています。

余談ですが、そんな最終日の夜撮影した動画

ね?元気でしょ(笑)

まとめ

結論、激しい運動さえしなければ、人は3日くらい固形物を食べなくても支障はない。(僕の場合)

なんならあと2日は行けるな、くらいで、土曜の朝を向かえました。

とりあえず、一日3食食べ、間食までしていたぼくですから、ここまで食べなくても大きな問題はないのか!とびっくりしましたね。ほんとに、5-6日なら飲み物だけでも暮らせそうです。

というのには、もちろんからくりがあって、家族の支えが必須でした。

妻は僕の前では極力飲食しないようにしてくれたし、ご飯の準備等、冷蔵庫の具合と相談しながら僕の断食スケジュールを決めてくれたりしました。

そして、土曜の朝には休めた胃をびっくりさせないように、おかゆを作ってくれたり(ありがてぇ)。

そうだよね、33年間生きてきて、こんなに固形物食べなかったのは、赤ちゃんの時くらいだよね。胃も休まったことでしょうよ。

終わってみて

alimentatie-copii_3

後半は常にお腹がすいている状態です。デスクワークで3食食べている生活をしているとお腹がすかなくても食事をすることもあります。

常にお腹がすいている状態を体験して、ああ、コレが正常なのかもなぁと感じました。

お腹がいっぱいだと眠くなるし、集中力も落ちるし、動きにくくなるし、生産性は低下します。が、空腹だと(無駄な消化物がない)状態だと、食事による集中力の低下も防げる感じです。

なによりも、この少しお腹がすいている状態がデフォになれば、太っていることや、健康を阻害するいろんなことが軽減されるんだなぁと確かな実感を得られます。

これは多少の食事制限では得られない経験だと思います。

結果3日間で野菜ジュースは10本近く飲んだかなぁ。総カロリーで言うと、結構取ってると思います。

結果から言えば2キロ近く3日で落ちたわけですが、あくまでも僕の場合体重を落とすことが目的の「プチ断食」ではなく、空腹状態を感じるためのもの、また、食べなくても大丈夫だと知るためのもの、でした。

食事をおいしく取るために、食べ物に感謝するために

最低限の栄養を取るためのだけの食事なんて、つまらないと思います。おいしいモノを家族とおいしいね!といって健康に食べられるニコしたことはありません。

そのためにも、健康的な体を取り戻すためのきっかけとして、プチ断食はオススメだと思います。

くれぐれも自分のライフスタイルに合わせて無理せずやりきってみて下さい。「プチ断食ハイ」はなかなか見えなかった景色ですよ(笑)

とりあえず、妻、ありがとう!夫はがんばってやせるよ!

参考:じわじわっとダイエットやる気出る魔法の画像と格言(毎日何度でも見るとイイ!) – NAVER まとめ

次回の記事は
「俺がポッターだ!」
読みのがしなくッ!