prasm prasmっていうブログだよ

@コスメでも戦える最強のあぶらとり紙

僕程度の美容男子になると、ドラッグストアで買い物するにもいちいち@コスメを開く。

ガジェッターのブクマ必須サイトが価格コムだとしたらコスメ男子のそれは@コスメだろうよ。

30も後半戦になると、エアコンがガンガンに効いた部屋でどれだけ過ごしたとしても脂がとまらないわけで。

キャントストップスプラッシュオイルなわけで。

いちいち顔を洗うのも面倒となれば、脂をとるしかない。

ギャッツビーのフィルムタイプのあぶらとり紙はコンビニとかで簡単に手に入るけども、僕はあえてのパウダータイプを選んでいる。

大きめのドラッグストアでも半々の確率でしか置いてないので大人買いしたりもするけども、フィルムタイプだとオイリーな肌では滑りがわるく、脂をとる効率がめちゃくちゃ下がる。

しかしだ、パウダータイプは、滑る。

スルスルっと脂をとって、さらにはなんかよく分からないパウダーがスベスベ持続の効果を付与してくれるのだ。

大判で、デコ、鼻、頬まわりを全部カバーできちゃうのもポイント高い。

ぶっちゃけ、テカリたくない男子ならば、パウダー1択と言っていい。

なんの話や。

次回の記事は
「旅とOSMO Mobile」
読みのがしなくッ!