prasm prasmっていうブログだよ

facebookタイムラインのカバー写真をクリエイティブにメイクするならiPhoneアプリの「facebook cover designer」しか無い件

コレで決まりです!

随分前に見つけたアプリです。こういう機能のアプリがあったら飛ぶように売れるだろうなぁと思っていた矢先に登場しました。
いよいよタイムラインが強制公開になるし、人と違いのあるカバーにしたいものです。

先にまとめると

  • カバーの一部がプロフィール写真を兼ねるデザインが簡単に作れる!
  • flickerやinstagramのwebサービスから写真を直接読み込める
  • エフェクトもお洒落なものがある
  • そのままfacebookにアップロード可能


言葉で説明してもアレなので、写真で見せますとこういうことです。

facebook cover

この写真のように、カバーの写真の一部がプロフィールを兼ねるようなカバーが簡単に作れます。このばあい、僕の顔半分の部分がプロフィールとしていろんな人のアクティビティーに表示されます。

遊び心あふれる!Facebookタイムラインのオシャレなカバー画像20選 | little_shotaro’s blog
ついに!この時が来ました!本日12月15日に、Facebookのタイムライン機能が全世界で一般公開!これまで一部のユーザーは先んじて機能を試していましたが、これでようやく全員利用できるようになりました …
こういう奴です。


参考になるのがたくさんありますよ。

さて、こういう写真をphotoshopでつくろうと思うとなかなか難しいですよね。photoshop持ってない人だって大勢いるでしょうが、なんと今回はiPhoneだけで出来るのです。驚きです。デザイナーでそこそこphotoshop使える僕が言うんです間違いないです。
他の人と差が付く部分ですから、カバーにはこだわりたいものです。では手順です。

IMG_3568

アプリを立ち上げると撮影モードになります。

左上のアイコンでプロフィール画像のアリナシを選べます。右上のアイコンで外部から写真を読み込むことが出来ます。

カバーだけ純粋に作りたい場合でも大丈夫ですが、おすすめはプロフィールアリです。この機能のためにあるといっても過言ではアリません。

ただし、一人ではなかなか洒落た写真は取れないと思いますので、まして自分撮りではプロフィールの四角に収まるように撮るのは至難の業です。一人でも撮影してもお洒落なカバーを作る方法次回やります。おそらくこのアプリの基本姿勢は友達や家族とわいわい作って楽しむ方向のようです。ぜひ友達と挑戦してみてくだい。
IMG_3569

今回はflickrから写真を選んでいきます。カメラロールから選ぶことももちろん出来ます。
IMG_3571

ルーブルでミロのビーナスを撮影している僕です。

写真選びのコツは、当たり前ですがプロフィールにはめ込むことが前提なので、左側に自分が来るような写真を選びましょう。もしくは顔が左下に来るように画像を回転させます。
IMG_3572

ピンチすることで拡大や縮小、回転まで出来るので、かなり自由に写真を配置できます。

配置のコツは

プロフィール用の四角からそこそこはみ出すように、自分を配置しましょう

そうすることによって、カバー写真の一部がプロフィールを兼ねているデザインが引き立ちます。きっと友達にどうやって作ったの?と言われること請け合いなカバー写真になります。
IMG_3573

配置が終われば楽しいエフェクト大会です。ポップに分割されるエフェクトや
IMG_3574

キラキラになるエフェクト
IMG_3575

レーザーが走りまわるエフェクト
IMG_3576

太陽が指しているようなエフェクト

エフェクトが決まればあとはアップロードするだけです。

アプリ自体は無料ですが、全てのエフェクトや、エフェクトの重ねがけが出来るアドオンが販売されています。僕は光の早さでゲットしました。
IMG_3577

カメラロールにセーブすることも出来ます。このままfacebookにアップロードすることもできます。超便利!
January 31, 2012 at 02:48AM

これが実際にアプリを使って、作った画像です。これが、プロフィールになります。
January 31, 2012 at 02:48AM

こっちがカバー用の写真。

あとはPCから2枚の写真をプロフィールとカバーに設定するだけ!サイズはぴったりにアプリが勝手にしてくれるので、リサイズや切り抜く必要がありません。スマートすぎる!

ぜひ挑戦してみてください。

最後に

実はこのアプリを見つけたのはかなり前なのですが、自分撮りした写真をうまくカバーとプロフィールに連動させるアイデアが見つからなかったので、記事にしようかどうしようかと思っていました。
どれだけ優れたアプリでも、簡単に誰でも使えないと意味がないような気がしていました。実際使おうと思った時に困るのはダメだと思います。
次回に持ち越しますが、コラージュアプリと併用すれば、自分撮りの写真でもクリエイティブなカバー写真を作ることができます。

次回をお楽しみに!

もしうまく使うアイデアがアレば教えて下さい。

スポンサーリンク

Facebook Cover Designer 1.0(無料)

カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 写真/ビデオ
現在の価格: 無料(サイズ: 16.1 MB)
販売元: Dropico – Dropico Media LTD
リリース日: 2012/01/17

App

ss1 ss2

次回の記事は
「写真には写らない AirPods のよさみ」
読みのがしなくッ!