prasm prasmっていうブログだよ

野帳がよかったので、ごっそり買い

まとめ買いがお得だった

先日行ったラクガキのセミナーにて教えてもらった 「 コクヨ 測量野帳 」 が実に都合がよい。

タムタムタム会に行ってきた。 #happyrakugaki * prasm

もろもろいい感じに都合がよすぎて使えば使うほどファンになりまして。

DSC07072

とん。

DSC07069

ビリビリ。

DSC07080

ドバァ!

僕が手帳に求める条件

  • 安い
  • がばっと開く。見開きでも使える
  • スッと持てるサイズ感

所有欲を満たす耐久性のあるノートはモレスキンを初めたくさんあるのだけども、どうも僕は値段にひるんでしまう

どうでもいいことが書きづらい。むしろどうでもいいことが書きたいのに紙一枚の値段に対して精神的ハードルがあがってまうのが難点。値段の安いモノを心置きなく使いたい。

スポンサーリンク

まあ安い

大体1冊200円くらいです。安い。

でもアマゾンでまとめて買うと

一冊150円くらいまで行けます。これはリーズナブル。

表紙の堅さがちょうどいい

がばっと見開きで使えるくらい開く。これも手帳において重要。

測量って名前がついている位なので立った状態で筆記できる表紙の堅さです。表紙がしっかりしているし、がばっと開けて使うことが前提として作られているので、とにかくどのページも気持ちよく使えるのです。

表紙がしっかりしていると「モノとしての所有感もグッと上がります」。おお、こいついい仕事しそうやんけ!と。

書く面積がちょうどいい

スケッチブックタイプの野帳には3mm罫線がふられているので、ページの2分割や複数分割が簡単です。

実際に使うときは2分割にしてミーティングメモ、見開きガバァでお絵かき・ラクガキ、6分割でスケジュール管理として使っています。

分割した面積がソレゾレ実にちょうどいいんですよ。

1ページを6分割して使えば一区画が付箋よりちょい小さい位になって、その日のスケジュールとメモを書くのに実にベスト。

ページの縦2分割、横2分割もメモ書きにちょうどいいサイズになります。

見開きで使ったときに正方形っぽくなるのも面白いです。

安くていろいろちょうどよくてできる子、それが野帳

やー、一発で気に入りましたねー。

なによりも、バリバリ実用派という見た目が気に入っている。

なんだよ緑に金って。クールじゃないか

測量野帳|商品情報|コクヨS&T

コクヨのホンネ06

次回の記事は
「俺がポッターだ!」
読みのがしなくッ!